品質管理方針

  1. 品質管理の目的は、顧客の要望を満たすとともに製品の品質保証を通して会社の信用を高め、市場の拡大を図り社会に貢献することにある。
  2. 品質管理体系を確立し、明確な品質保証責任のもと、品質目標及び目標達成に必要な手段・方法を設定する。
  3. 職務遂行に必要な教育指導を行い、継続的な改善を目指し品質意識を高める。
  4. 製品の品質を形成する開発・設計・受注・生産工程・材料手配・製造・出荷納入等すべての段階に品質管理を適用する。

ISO9001

品質マネジメントシステム 認証登録情報(PDF形式:152KB)

ページのトップへ戻る